私自身、高校生から大学生にかけて、様々なアルバイトをしていました。

アルバイトに関する雑学

アルバイトに関する雑学
アルバイトに関する雑学

私自身、高校生から大学生にかけて、様々なアルバイトをしていました

私自身、高校生から大学生にかけて、様々なアルバイトをしていました。
ウエイトレスやスーパー、カラオケなどのアルバイトから、デスクワークのものまで、様々な種類のアルバイトをしてきました。

アルバイトの目的というと、初めはやはりお金でした。
自分の自由に使えるお金が欲しいというところから始まったアルバイトですが、気付いてみるとお金以上に得たものが大きいと感じました。

それまでの生活は、学校という狭い空間だったのですが、アルバイトを行うと、色々な人との接点が生まれます。学生であったり、実際に仕事をしている人であったり、その人間関係はとても様々です。
そうした中から、普段聞くことができない話しを聞けたり、自分が知らなかった他の世界を知ることができたきっかけになったりもします。
私自身、大学を卒業後IT系の企業に就職しましたが、そのきっかけも大学生の時にしていたアルバイトが関係しています。いくつかアルバイトをする中で、自分に合った職業を自分自身で見つけることが出来たと思います。
アルバイトというと、お金を稼ぐということ以上に、社会に出るための準備期間という、非常に高い役割があるように思えます。実際にアルバイト経験があった方が、社会にスムーズに出ていける、そう私は思います。