アルバイトをする上で知っておくと便利な雑学は、アルバイトでも有給休暇を取れるということです。

アルバイトに関する雑学

アルバイトに関する雑学
アルバイトに関する雑学

アルバイトをする上で知っておくと便利な雑学は

アルバイトをする上で知っておくと便利な雑学は、アルバイトでも有給休暇を取れるということです。

アルバイトは、有給休暇が取れないと勘違いしている人も多いと思いますが、アルバイトも有給休暇をもらえることは、きちんと労働基準法第39条で定められています。アルバイトの場合、ある一定の条件を満たせば有給休暇が取れるようになっています。アルバイトで有給休暇を取得できる人は、労働日数が多いか、少ないかによって、その条件が違ってきます。
労働日数が少ないアルバイトの人の場合は、6ヶ月継続勤務した時に、労働日数などに比例して、有給休暇をもらうことができます。このタイプの有給休暇がもらえるアルバイトの労働条件は、一週間の労働日数が4日以下で、かつその週の労働時間が30時間未満です。

また、週以外の単位によって、労働日数が決められているアルバイトの人の場合は、年間の労働日数が216日以下の人も、同じ条件で有給休暇をもらうことができます。なお、アルバイトの人が有給休暇がもらえる日数は、1週間のうち、どれだけの日数勤務しているか、ということでも違ってきます。
たとえ一日3時間の労働であったとしても、週5日勤務のアルバイトであれば、正社員と同じ日数の有給休暇を取得できます。

おすすめサイト一覧