短期雇用で働く形には、アルバイトとパートと言う形があります。

アルバイトに関する雑学

アルバイトに関する雑学
アルバイトに関する雑学

短期雇用で働く形には、アルバイトとパートと言う形があります

短期雇用で働く形には、アルバイトとパートと言う形があります。
一般的にアルバイトと言うと、大学生や会社員の人たちが、学校終わりや会社終わりに更に働く形を言います。パートは、主婦が子育てや家事の合間に、ちょっとの時間を切り取るような感じで、その時間に短時間働くことを指しています。けれども、昨今の不況の時期、アルバイトが本業のように、正社員とほぼ同じくらいの時間を働いたり、長い期間同じアルバイト先で働くこともあります。
このように正社員並みに働いていて、尚且つ、雇用期間が6ヶ月過ぎると、アルバイトであっても有給休暇を与えてもらえることができます。働いている時間や、労働条件で多少の違いはありますが、雇用者に確認してみるといいでしょう。
正規雇用になかなかなれない時代ですから、会社側へ行政もこういった指導は厳しくなっているようですので、非正規社員であっても有給休暇を取得している人の数は多いです。
パートも同じような勤務状態なら、有給休暇を取ることができます。